ブルーカーボンを知る ~ 私たちにできる環境のこと ~

*当サイトはアフリエイト広告を利用しています

ライフスタイル

私は長年、環境問題関連の翻訳勉強会に参加しています。

翻訳の世界は、海外の最新情報に触れる機会がとても多いです。

扱っているテーマが環境問題なので、どうにか知り得た情報を

自分たちの暮らしに取り込めないか、何か自分たちでもできることがないかと、

いつも考えています。

今回は、ブルーカーボンです。

ブルーカーボンとは

環境問題のなかで、二酸化炭素(多く排出されすぎている)の量があります。

この二酸化炭素の吸収に役立つ植物を増やすために「植林」活動があります。

この植物(グリーン)が取り込む炭素(カーボン)を「グリーンカーボン」と言います。

一方で、二酸化炭素を取り込む植物は、海の中にもあります。

ワカメやコンブなどの海藻類などがあげられます。

マングローブや海中の海草・海藻が取り込む炭素が「ブルーカーボン」です。

日本の取り組み

世界中でグリーンカーボンと同様にブルーカーボンが注目されています。

海に囲まれた日本は、このブルーカーボンの取り組みに対して、

長年の知見を有しています。

  

SDGsの14番目「海の豊かさを守ろう」がこの取り組みにあたります。

海藻類が生い茂る場所を「藻場(もば)」と言います。

今、日本の各地でこの「藻場」を守る取り組みが行われているのです。

以下の公式サイトが参考になります。

環境省_海洋生物多様性保全戦略公式サイト (env.go.jp)

  

世界の取り組み

世界では、どのようにブルーカーボンの取り組みが行われているのでしょうか。

他の環境問題の取り組みとはと違って、海岸線を有する国に限定されてくるのでは

ないでしょうか。

そのなかでも、ブルーカーボン大国と言われるオーストラリアでは、政府が中心となって

取り組みが行われています。

以下は、オーストラリア政府が設立した「International Partnership for Blue Carbon」の

公式サイトです。

Blue Carbon Partnership | Protecting mangroves, tidal marshes, sea grasses.

サイトの中で、ブルーカーボン生態系は、陸上の森林よりも多く(10~100倍)の炭素

隔離・貯留するとありますね。

  

私たちにできること

海岸の清掃活動

こうしてみていくと、ブルーカーボンの取り組みに

海岸線の保護は必須となります。

 

日本での沿岸の役割を分かりやすく説明しているサイトが、以下にあります。

干潟の働きと現状:水産庁 (maff.go.jp)

 

沿岸を守る行為として、海岸の清掃活動などがあげられ、

これなら、私たちにもできそうです。

以下のサイトでも、海岸の清掃活動の様子が確認できます。

海ごみゼロウィーク | 全国一斉清掃!海洋ごみをなくそう! (uminohi.jp)

参加できそうな活動があれば、是非、参加してみたいですね。

 

魚を食べる

魚の中には、海藻を食べる魚もいます。その魚(に限らずですが)を加工して

販売されている業者もおられました。

海を守っている企業や団体の方から魚を購入して、活動の応援をする

ということもできます。

こういった取り組みも含めて熱海で活動されている枝廣淳子氏

サイト↓も参考になります。

ブルーカーボン.jp (bluecarbon.jp)

この方の書籍『ブルーカーボン』も参考にしてみてください。

ブルーカーボンについてわかりやすく解説されています。

個人的には、海好きが高じて熱海に移住した枝廣氏が、海を保護する

活動のために2級小型船舶操縦免許まで取得されたという行動力に

驚かされました(#^^#)

まとめ

日本列島が豊かな藻場でぐるりと囲まれることによって、

海藻はもとより、海藻を拠り所とする海の生態系が豊かになることは

いいことです。

機会があれば、海岸の清掃活動に子供たちと参加してみたいと思います。

また、環境保護活動をされている団体の方の応援として、

魚を購入してみようと思います。

それぞれ行動できたら、また別の記事で報告できたらと思います☆