英文の句読点 ~ 使い方と入力方法~

*当サイトはアフリエイト広告を利用しています

英文法

英語の句読点には、各々きちんとしたルールがあり、翻訳では句読点もきちんと訳す必要があります。

ここでは、私がしょっちゅう迷いがちな句読点を紹介します。

尚、こちらで全ての句読点、また詳細な紹介は難しいので、英文表記ルールについての書籍を

末尾にご紹介します。

句読点とは

日本語の句読点(くとうてん)は、句点(くてん)「。」と読点(とうてん)「、」の総称です。

句読点の役割は、読みやすさです。

英語で句読点は、”Punctuation”(パンクチュエーション)です。

以下に種類と定義(使い方)、PCの入力方法(Windows)を記載します。

句読点の使い方とPC入力方法

PC入力方法は、キーボード上に掲載されていない記号のみ

掲載します。

コロン「 : 」

先に述べた事柄の紹介や説明、例文、引用等に使用します。

よく使われる訳語:以下のとおり、すなわち、つまり

例)I have been to several foreign countries: Korea, USA, Australia and Italy.

コロンの後にスペースが入ります。

セミコロン「 ; 」

二つの文(独立した節)を接続詞(and, but, or, nor, for, so, yet)なしでつなぐ働きをします。

二つの文つながりが、カンマよりはっきりとしています。

例)I finished my home work; Kate did not finish hers.

*接続副詞(however/moreover/thereforeなど)は、カンマやセミコロンなしでは

 二つの節をつなぐことはできません。

例)I studied hard to get into college; however, I failed the entrance exam.

セミコロン の後にスペースが入ります。

ハイフン「 – 」

複合語を作る時に使います。

例)He is the son of the president of a well-known company.

例)It was a 16-year-old boy who saved the dog.

ハイフンの前後にはスペースが入りません

エム(m)ダッシュ「 — 」

ロング(long)ダッシュとも言われています。

ちょうどアルファベットの”M”と同じ長さです。

文中や文末に語句の挿入や言い換えしたりする場合に使用します。

コンマ、コロン、セミコロン、丸括弧の代用になります。

例)I decided to renovate my grandmother’s house—a 100 year old house—and open a restaurant.

エムダッシュの前後にはスペースが入りません

エムダッシュの入力方法(windows)は、

1) [Ctrl]+[Alt]+テンキーの[-]

2)テンキーがない場合は、英文入力の状態で

   [2014]と入力してカーソルが[4]の後ろにまだある状態で[Alt]+[x]

エン(n)ダッシュ「–」

ハイフン、エムダッシュとの横棒の長さの違いを表すと、

ショーとダッシュとも言われ、ちょうどアルファベットの”N”と

同じ長さです。

数値の範囲を示したり、2つの関係を示す場合に使用します。

例)2010–2022

例)Academy Award-winning actor 

*”Academy Award”が複合語なので、ここでハイフンを代用することはできない。

エンダッシュの前後にはスペースが入りません

エンダッシュの入力方法(windows)は、

1) [Ctrl]+テンキーの[-]

2)テンキーがない場合は、英文入力の状態で

   [2013]と入力してカーソルが[3]の後ろにまだある状態で[Alt]+[x]

参考書籍

句読点を調べるにあたり、文法書や辞書より、以下に紹介する英文スタイルブックに

意味や表記ルールが書かれているので便利だと思います。

    

さくらぶんた
さくらぶんた

下記に紹介する英文で書かれた書籍が読みにくいと思う方には、

日本語で書かれているので読みやすいです。

さくらぶんた
さくらぶんた

英文ラィティングの基礎が学べます。

さくらぶんた
さくらぶんた

論文やエッセイなどで参照されることが多いです。
有料ですが、オンラインもあります。

さくらぶんた
さくらぶんた

ジャーナリスト向けという印象が強いですが、幅広い分野で活用できると思います。

上記のスタイルブックとは全く異なるタイプですが、句読点の使い方について

熱く語られた書籍を紹介します。

さくらぶんた
さくらぶんた

句読点を間違えると意味が変わってしまう、という

実例が面白く、読み物としても楽しめます♪

まとめ

英文の句読点について学校の授業で詳しく習った記憶はなく、

翻訳のトレーニングで改めて、句読点の重要さを知ることとなりました。

英文スタイルについて書かれた書籍は、翻訳で迷ったときにとても参考になります。