フトアゴヒゲトカゲの朝の風景 ~体を温めましょう~

*当サイトはアフリエイト広告を利用しています

フトアゴヒゲトカゲ

我が家のフトアゴヒゲトカゲ、ロックス君の朝のお世話の風景をご紹介します。
担当は、長女のモモです。

フトアゴヒゲトカゲとは

爬虫類→有鱗目→トカゲ亜目→イグアナ下目→アガマ科→アゴヒゲトカゲ属→フトアゴヒゲトカゲ

英名はBearded-Dragon(あごひげの生えたドラゴン)です。

「とかげ」の英名である「Lizard(リザード)ではなく、「Dragon(ドラゴン=竜)というところに不思議な魅力を感じます。

体長は大人で大体50㎝前後、寿命は6~10年くらいと言われています。

出会い

我が家は、毎週末に町に降りて食料品を買い込みます。そのついでに、ペットショップを3軒ほど巡るのが習慣なのですが、そのうちの1軒で出会ってしまいました。

小っちゃくて可愛いいのに、この凛々しさ(⋈◍>◡<◍)。✧♡
モモがすっかり虜になってしまい、即買いです。

実は、緊急事態宣言で参加を見合わせていた「レプタイルズワールド」という主に爬虫類の展示販売に参加する予定でしたので、フトアゴを飼う準備はできておりました。

お風呂

朝一番にすることは、なんと朝風呂。体を温めないと一日の活動が鈍くなってしまうからです。

打たせ湯が気もちよさそう(^^♪

朝ごはん

ロックスは、人工フードと生野菜、生餌を食べています。

生野菜は、こんな感じです。準備するのは、結構楽しいものです(*´▽`*)

今回は、かぼちゃ、にんじん、こまつな、バナナです。NG食材もあるので、調べてから選ぶようにしています。

結構、食べっぷりがいいです。そして、食べてる姿が可愛い(*^_^*)

ごはんを食べてもらっている間に、モモがケージの掃除と水換えをして、朝のお世話は終わりとなります。あとは、ハンドリングしたり、食前と食後の体重を測って観察日誌をつけたりと、結構忙しそうです。ロックス以外にも、モモがお世話している生き物は、ザリガニ、カエル、メダカ、文鳥と、朝は生き物の世話で大変です。おかげで朝が弱かったモモは、早起きになりました。

まとめ

フトアゴヒゲトカゲは、他の爬虫類に比べてペット的要素が強い感じがします。恐竜っぽい容姿も魅力のひとつでしょうね。体長が50㎝にもなるので、ケージは大きいものが必要だったり、温度管理にも注意が必要になったりと大変な面もありますが、近年人気のペットなので、それなりに飼育用品は市場に揃っていて、特に困ることもないです。ちなみにロックスのケージはレオ君が自作しました。自作の様子や、使用している用品などは、別途ご紹介しますね(^_-)-☆