話題のグラスフェッドバターを買ってみた ~バターと何が違う?~

*当サイトはアフリエイト広告を利用しています

ライフスタイル

健康食品で話題のグラスフェッドバターが気になって、購入してみました。

意外とスーパーで普通に売られていて、ネットでも購入できるみたいです。

一般的なバターと何が違うのか、見た目や味も比較しながら、

より健康的と言われる理由を探ってみました。

グラスフェッドバターとは

グラスフェッドバターの名前の由来は、牧草(grass)のみを与えられた(fed)牛の

ミルクから作られたバターという意味です。

一般的なバターは、牧草だけでなく、穀物等の飼料を与えられた牛のミルクから

作られているので、牧草だけで育てられているという所が特徴です。

一般的なバターとの違い

一般的なバターと何が違うのか、健康的と言われるのはなぜでしょうか。

グラスフェッドバターの方が色見が濃いです。

牛が食べている牧草のカロテンが反映されているそうです。

グラスフェッドバターの方が牧草量が多いため、色が濃くなります。

左: 一般的なバター         右:グラスフェッドバター                      

よく見かけるコメントには、グラスフェッドバターの方が口当たりがまろやか、

とあるのですが、正直、私個人の感想では、同じでした。

どちらも美味しいです(^^♪

脂肪

バターに含まれる栄養素のうち8割が脂肪です。

一般的にバターには、動物性の脂「飽和脂肪酸」が含まれています。

この脂もエネルギーとして必要なのですが、過剰摂取すると

血液中に悪玉コレステロールが増えすぎてしまう恐れがあります。

  

一方、グラスフェッドバターに含まれる脂肪には、「不飽和脂肪酸」が

多く含まれています。

不飽和脂肪酸は、いわゆる植物性の脂で、血液中の悪玉コレステロールを

減らして、善玉コレステロールを増やしてくれる効果があると言われています。

この不飽和脂肪酸(オメガ3)の含有量の多さが、グラスフェッドバターが

より健康的なバターと言われている理由です。

(参考資料)

A review of fatty acid profiles and antioxidant content in grass-fed and grain-fed beef – PMC (nih.gov)

厚生労働省eJIM | オメガ3脂肪酸について知っておくべき7つのこと[コミュニケーション] (ncgg.go.jp)

どこで購入できるのか

私は、いつも行くスーパーで購入しました。

お近くのスーパーにない場合は、ネットでも購入できます。

国産のグラスフェッドバター

ここで気になるのが、グラスフェッドバターは輸入品が多いということです。

日本でこのグラスフェッドバターを生産されている牧場も探してみました。

☆岩手県「なかほら牧場」

 公式 → なかほら牧場 公式オンラインストア (nakahora-bokujou.jp)

☆北海道「荻原牧場」

 公式 → グラスフェッドミルク | ミルクデザイン株式会社 (milkdesign.jp)

☆北海道「宮地牧場」

公式 → miyajibokujou’s STORE (stores.jp)

他にも国内で、こういった取り組みをされている牧場が増えてきているようです。

バターコーヒー

グラスフェッドバターを調べていると、「バターコーヒー」という言葉に

出会いました。

書籍『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』の著者デイヴ・アスプリー氏が

最初に提唱した方法です。

日本経済新聞のオンライン記事に紹介されていました。

シリコンバレー式食事 痩せて仕事力まで上がるワケ – 日本経済新聞 (nikkei.com)

コーヒーが苦手なので試してみてはないのですが、グラスフェッドバターの効能を

利用した興味深い健康法だと思います。

まとめ

娘がよくパンを作るので、我が家にバターは欠かせないです。

バターの脂肪について学びましたが、過剰摂取しなければ、

一般のバターを食することは、全然問題ないと思います。

グラスフェッドバターの存在や、酪農家の方の取り組みを知っておくことは

大事ですし、購入と言う形で応援できるのであれば、したいと思っています。

バターに限らずですが、口にするものは、自分の身体を作るものなので、

よく考えて自分で判断して選びたいですね(#^^#)