電力会社乗り換え時のチェックポイント

*当サイトはアフリエイト広告を利用しています

お金

  

電力会社の乗り換えは、なかなか難しいですよね。

我が家は田舎なので、そもそも新電力会社を選べる地域なのかも分からなかったのですが、やってみると意外と簡単でした。

その際に調べたノウハウをこちらで共有したいと思います。

1年間の電気使用量を把握

乗り換え先の電力会社を決めるのに、おススメする比較サイトは、「エネチェンジ」です。

準備するのは、「検針票」と、できれば1年間の電気使用量が分かるデータが必要です。

電気使用量の年間データは、電力会社にWeb登録している場合、マイページ等で閲覧可能です。

この電気使用量は、直近の1か月分でも大丈夫なのですが、1年間分があれば、より詳細なシミュレーションができます。

 

絞り込み検索

比較サイトでは、絞り込み検索ができるので、是非活用しましょう。

 その際の注意点は以下です。

・違約金・解約金なし

・市場連携型なし
(*「市場連携型」というのは、市場の価格変動の影響を受けるという意味です。このタイプの電力会社は料金設定が安めですが、市場が高騰した場合に料金も高くなりますので、この項目は各自のお好みで選択されたら良いと思います) 

価格

絞り込み検索をかけると、おすすめランキングが出てきます。

ここで注意するのは、この料金に「ポイント価格」や「キャンペーン価格」が含まれているということです。ポイント価格は、還元率が変更になる可能性があり、キャンペーン価格は一時的なものなので、あくまでこれらを省いた年間の電気料金で検討します。

以下にサンプル画面で説明します。

上記の「料金詳細+」をクリックすると料金の内訳を見ることができます。

上記サンプルの場合、「電気代で貯まるポイント」と「選べる特典ポイント2倍キャンペーン」で差し引かれている金額をあえて加算して、年間金額を考えます。

これを各企業(ランキングの1〜4位あたり)で行うと、実際にかかる年間金額で比較できるので、自分なりの価格ランキングが明確になります。

使用状況の検討

ある程度企業を絞り込むと、早速公式サイトに入って、実際の契約プラン内容を確認します。

その際に改めて、家族構成や電気利用時間の増減等、企業の提示するプランとご自分のライフスタイルとのすり合わせをしていきます。

その際に、「違約金・解約金」の有無や、「市場連携型」かどうかなど、公式サイトで改めて確認しておきます。

アンペアの確認

上記の条件を調べていて私が困ったことは「アンペア」の確認方法でした。

検針票にも記載がなかったのですが、ブレーカーで確認できました。

 ちなみにアンペアとは、契約している電流の大きさです。
  A(アンペア/電流)xV(ボルト/電圧)=W(ワット/消費電力)

現在加入している電力会社をチェック

次に忘れがちなのですが、現在加入している電力会社の契約内容を改めてチェックします。

これは、乗り換えた先で満足いかなかった場合、すぐに戻ってこられる解約内容かどうかの確認をします。

・違約金・解約金の有無
・現在の契約内容が再入会可能かどうか
(私の場合は、再入会不可の契約内容でした)

 

燃料費調整額

大手電力会社は「燃料費調整額」の上限を設けている所が多く、この設定の有無は月々の電気料金に影響があるのでチェックが必要です。

『エネチェンジ』のサイトに比較表がありました↴
燃料費調整額比較

ちなみに私の場合、乗り換え前が大手電力会社だったので、この上限設定があるものと思っていたのですが、改めて我が家の契約内容を確認してみると、一番下に小さい字で『燃料費調整による上限設定はありません』と書かれていました💦

電力会社が設けている各契約プランによって上限設定の有無がある、ということをこの時初めて知りました。

電気・ガス価格激変緩和対策の補助金

上記の燃料費調整額とは別に、政府の『電気・ガス価格激変緩和対策』による補助金というのがあります。この補助金は電力会社が申請するものなので、自分が契約する電力会社が申請しているのかどうかをチェックするだけです。

以下のサイトで申請企業の検索ができます。

値引きを行っている事業者の一覧 – 電気・ガス価格激変緩和対策事業|経済産業省 資源エネルギー庁

*燃料費調整額とこの補助金による調整額は、請求書などでは、まとめて「燃料費調整額」とされていることもあり、一見わかりにくいです。乗り換え前の電力会社では、別の資料として内訳が詳しく説明されていました。気になる方は各社HPを調べてみたり、問い合わせてみてください。

エネルギー供給元

乗り換えを決めるポイントのひとつに、電気の供給元を知ることもあります。

再生可能エネルギーがどのくらい使われているのか、どの電力会社を応援(契約)しようか、といったことも考えてもよいかもしれません。

色々な会社を見ていると、取り組みや方針もさまざまで、興味深かったです。家計見直しから始めた電力会社の乗り換えで、日本のエネルギー事情について考えてみるのもいいですね。

まとめ

電力会社の乗り換えは、意外と簡単にできました。

それぞれのライフスタイルに合わせて、乗り換えてお得になるかどうかを判断して頂ければと思います。

今加入している電力会社について調べてみて、納得して加入を続けるというのもいいと思います♪