ウサギのケージレイアウト ~中級編・2階建て~

*当サイトはアフリエイト広告を利用しています

ペット

もか(ネザーランドドワーフ)のケージをバージョンアップしたので、

ご紹介します。

最初にお迎えしたときの投稿記事『ウサギを初めてお迎えする方法』でご紹介したお部屋でも十分なのですが、

もかちゃんが快適に過ごせるようにと、バージョンアップしてみました(*´▽`*)

なんと二階建てになってます~(^^♪

全体像はこんな感じです♪

バージョンアップ後
最初のバージョン

ケージ

ケージ自体は、変更してないです。

最初と同じ三晃商会の「イージーホーム80 ローメッシュ」です。

変更したのは、床面です。

セットでついてくるのはワイヤーメッシュタイプなのですが、

足への負担がより少ない樹脂製「イージーホーム80シリーズ用 樹脂休足フロアー」に変更しました。

ちなみに生後5か月の健診で獣医さんから「足(裏)が綺麗」とほめられました(#^^#)

ラビットハウス

1階にあるのは前回と同じく三晃商会の「ラビットハウス」です。

2階に新たにトンネルタイプのハウスを追加しました。

三晃商会の「スクエアトンネル」です。

もかは、この中でじっとしているより、いつもくぐり抜けて遊んでいます。

トイレ

こちらも同じく三晃商会の「ラビットフィットパン(L)」です。

トイレ用床材

以前の床材も良かったのですが、以下の商品2点を試してみたところ、

お手入れがしやすかったので、こちらの方をよく利用するようになりました。

良かった点は、水分(尿)を含むと床材が膨張して粉状になるので、

掃除する際に仕分けが簡単になったことです。

マペット㈱の「マペットリター」です。

チャームの「天然ひのきでつくった 小動物の消臭砂」です。

ステージ

前回紹介した2点を使用しています。

三晃商会の「イージーホーム用 樹脂ステージMサイズ

三晃商会の「リラックスステージM

木製タイプを今回実際に購入して使ってみた感想は、

樹脂タイプに比べて、もかが足を滑らせにく感じがしています。

ペレット入れ

こちらも前回と同じです。

三晃商会の「サンコーハッピーディッシュコーナーM

現在は、ラビットハウスの中に入れています。

牧草入れ

前回紹介したアドメイトラパンの「ポタリ―チモシーキープ」は、お出かけ用にしました。

今回のは、三晃商会の「牧草カウンター」です。

うさぎにとって最重要と言っても過言ではない牧草。

このカウンターにしてからの食いつきぶりは、素晴らしいの一言です。

1階にアルファルファ、2階にチモシーを入れております。

(*アルファルファに関しては、こちらの記事『ウサギを初めてお迎えする方法 』を参考にしてください)

給水ボトル

前回紹介したお皿タイプのボトルは、メッシュタイプのケージには取り付けできないので、

お皿タイプで、中から取り付けできるものを購入しました。

三晃商会の「インサイドディッシュドリンカー」です。

飲みやすくなったのか、水を飲む量が格段にup↑しました。

前回紹介した給水ボトル「アクアチャージャー」は、お出かけ用にしました。

ステップ

写真に映っていないのですが、ケージの出入り用に階段もつけました。

三晃商会の「ウッドステップ」です。

もかのジャンプ力で十分ケージの出入りできるのですが、ウサギさんは骨折しやすいので、

安全を考慮してステップをつけました。問題なく使ってくれています。

かじり木

不必要という考えの獣医師の方もおられるので、あくまでオモチャ感覚で

つけています。

三晃商会の「ガリガリキャロット」と「固定ヘチマ棒」です。

ガリガリキャロットのSサイズもありますが、もかの場合、1日で全部ガリガリしてしまったので、

ウサギさんなら、Mサイズがオススメです。

獣医師からのアドバイス

健康診断を受ける際に、飼育環境の写真を獣医師に見せるのですが、

「ケージ内にもう少しフラットな部分があったらいいですね」と言われました。

フラットといえば、もかは時々、デッキで広々と遊んでおります(*´▽`*)

*エサや牧草に関しては、こちらの記事『ウサギを初めてお迎えする方法』を参考にしてみてください。

まとめ

ケージに2階を設けたことで、新しい遊び場を作れる空間ができました。

我が家の場合、トイレの配置を変えてみたら、トイレではなく、

トイレがあった場所に排泄することが多かったので、トイレの配置だけは

変えないことにしました。

自分のウサギさんの性格を考えながら、色々と飼い主さんが

部屋づくりされてみるのも楽しいと思います(^_-)-☆